プロフィール

Pocket

浅井しんや

誰もがそれぞれに持った

どうしようもないかっこ悪さや

不器用さ、劣等感のようなものの中に

「そのひと」を感じます

どうか、あなただけが持った

あなたらしさを大切に生きて欲しい

僕にとって

時が流れ、すべて過ぎ去った後で

心に残るのは

そのひとのそんな部分ばかりでした

たくさんの愛を感じるのは

その人の不細工なところばかりでした

 

誰もが社会の中で

自分を殺さずに生きれますように

あなたがあなた自身でいることで

それだけで

かならず誰かに幸せを与えています

 

 

僕はそうだったから。

 

2018年

僕は医者から癌宣告を受けました

おかげで

自分の命と向き合うことができました

今までよりもっと人生の時間を大切にしようと思いました

 

僕らは遅かれ早かれ

この世を去ります

その日がいつ来るか知らないだけで

もしかしたら明日かもしれない

 

だったら

自分を殺して生きるなんてもったいなさすぎる

もっともっと自分を生きたい

 

やりたいことをやろう

失敗したっていい

かっこ悪くたっていい

会いたい人に会いに行こう

大切な人を大切にしよう

 

今しかない

 

僕は、劣等感の塊のような人間です

いつも誰かと比べて自分はなんてダメなんだと思うような人間でした

 

けれど歌いたいから

好きだから

やりたいから

 

それ以外にないんです

みんなやろうよ

失敗して人からバカにされても

何にもならなくても

 

いや、

何にもならないことなんてない

絶対に、それはあなたを超えて

あなた以外の人の心に残るんだ

 

あなたがあなたでいることで、

それを見ている人の心の中にも宿る

自分もやってみてもいいのかもしれないと

自分にもできるのかもしれないと

自分も自分のままでいていいのかもしれないと

僕はそうだった

そういう先人たちのおかげで

今の僕がいる

 

だから僕も残りの人生、挑戦しつづけます

どれだけかっこ悪くても、不細工でも、人から何言われても、

自分で決めて、自分で選んで、これが自分だといえる人生を

「俺は、俺を生きた!」といえる人生を生きます

そのことが、僕と関わってくれたあなたが

あなた自身を生きる「きっかけ」になってくれたらいいな

 

それが今の僕の夢です