第6章 メンタル

 

 

血液が汚れる原因

外から入ってくる毒の他に

もう一つあります。

 

それは体の内側から生じるもの、

ひとことで言えばストレスです。

 

わたしたちが日々感じる

ストレスが血液を汚しているのです。

 

私たちの体は

自律神経に支配されています。

 

自律神経には交感神経

副交感神経があります。

 

緊張したり、ストレスを感じると

交感神経が優位になります。

 

すると、体は筋肉を収縮し、血管を締めて、

血糖値を上げ、臨戦態勢を整えます。

 

それが一時的に起こる分には

問題ないのですが、常時ストレスを

感じていると、血流が滞り、

血液がドロドロになります。

 

血流が滞るので酸素が

細胞に行き渡らなくなり、

 

体温も下がり、

免疫力が落ちます。

 

さらに炎症を引き起こし

解毒・排泄機能が低下してしまいます

 

 

だから癌の方はほとんどが

交感神経優位です。

 

これを解決するには、

ストレスを失くすか、

日々思うこと、考えることを

改善していくかしかありません。

 

つまり、交感神経優位をやめて

リラックスしている時に働く

副交感神経優位の状態に

持っていく要があるのです。

 

メンタルの保ち方

 

そこで大切な習慣はこの2つです。

 

この2つは道徳的なことに

聞こえるかもしれません、

 

でもやってみたらその効果が

わかってもらえるはずです。

なので、テクニックだと思って

実践してみてください!

 

笑い

 

笑いは交感神経優位から

副交感神経に一瞬で切り替える

ことができる必殺技です

 

実際に、癌患者を

数時間大笑いさせたら

 

癌に打ち勝つための

NK細胞(免疫細胞)が

6倍になったという研究があります。

 

 

重要なのは 

 

本気で笑わなくても

同じだけの効果がある

 

ということです。

 

作り笑いでもかまわないので

笑顔を作る。それだけで効果がある

というのです。

 

嘘でいいのです!嘘から始まるのです!

 

だから

ヤケクソでもいいので笑ってください!!

 

 

 

感謝

 

 

癌宣告を受けてから前向きに生きるか、

後ろ向きに生きるかでその後の

生存率に77倍もの差

が生まれたという研究があります。

 

つまり、それだけ

心の持ち方で決まる

ということです。

 

心を前向きに保つ

もう一つの方法が感謝です。

 

癌とは血液の汚れ(毒)が

集まって塊をつくったものです。

 

それはそうしなければ、

毒で汚れた血液が全身に回り、

あなたという生命自体が

死んでしまうからやむなく

体が防衛反応として

癌という腫瘍を作り、

毒を一か所にかき集めたのです。

 

そしてより綺麗な血液を

体内に循環させようとした。

そのために生まれたのが癌なのです。

 

癌があるから、

毒が全身に回らず、

わたしたちは生きていることが

できている。

 

そう考えると、癌とは恐ろしい悪魔のような

存在ではありません、むしろ、

私たちを生きながらえさせるために

現れた救世主です!

 

考えてみれば人間の体は

本当によくできています。

 

風邪になって熱を出すのは

体が病原菌をやっつけるために

体温を上げて免疫を高めるためです。

 

悪いものを食べて下痢をするのは

体から悪いものを

早急に排出するためです。

 

癌に下血が多いのは、

汚れた血液を排出し浄血を図るためです。

 

あなたの体が起こす反応は

すべて正しいのです!

 

癌も同じです。

あなたの体に

必要だから生まれてきたのです!

 

そう思うと癌に対しても

「ありがたい」と感謝できる

のではないでしょうか?

 

 

癌になったあなたは

実はとてもラッキーです。

 

癌にならなければ

気づけなかったことが

たくさんあるはずです。

 

癌宣告を受けた瞬間から、

今まで当たり前だった日常が

急に当たり前ではなくなった

のではないでしょうか?

 

何気ない日々が、

どれだけ愛おしいものかと

思ったのではないでしょうか?

 

でもそれは、

癌になったからこそ

思えたことですよね?

今までの生き方は、

あなたにとって何かしら

無理があったのです

 

癌はそれをあなたに

気付かせるために

生まれてきたのです。

 

これは人生を変える

大きなチャンスです。

 

あなたが本当に望んでいる

生き方をするための。

 

あなたが癌の意味に気付き

生き方を変えれば

 

癌は役割を終えて消滅します

そして、それは健康を

取り戻すだけでなく

 

人生が今までよりもっと

輝き出すことを意味します。

 

気づいてください。

癌に感謝してこれを機に

生き方を変えるのです!

 

この生き方、考え方を

見直すというのは

このプログラムの

一番の中核になりますので

しっかりと理解してください。

 

 

 

それでも、

どうしても感謝なんて

できないという方は

 

心から

思えなくてもいい

 

からやってみてください。

 

形だけでいいのです。

嘘でいいのです

 

 

形だけで感謝しているうちに

脳は勝手に「なぜ感謝するのか?」

を考え始めます。

 

そうして、その「なぜ?」に対して

脳が自分が癌になって

良かったと思える理由を思いつきます

 

癌になったから私は

〇〇することができた

 

癌のおかげで私は

〇〇のように生きれるようになった

 

というような感じです。

 

人が生きるのに

必要なのは希望

なのです。

 

どんな状況になっても

人は希望さえあれば

前を向いて歩いていけます。

 

癌宣告を受けて

後ろ向きになる人は

生きる希望を失う

からだと僕は思います。

 

感謝することは

生きる希望を見つけることに

必ず繋がります。

 

最後に

そうは言っても気持ちが

引きずられてしまう

という方は以下の方法をお試しください

 

①否定的な情報や人に関わらない

②自分の好きな音楽、匂い、景色等を楽しむ

③前向きで心が温かくなる情報や人に触れる

 

 

←第5章「運動・入浴」に戻る

 

TOPに戻る

 

第7章「セルフケア方法」に進む→