脳腫瘍 入院に必要なもの

Pocket

こんにちは。癌サバイバー・ミュージシャンの浅井しんやです。

前回は脳腫瘍の手術を受けるまでの不安と恐怖への対処法について書きました。

それでは、今回は実際に入院するにあたって必要なアイテム 事前に準備したもの

について

お伝えしたいと思います。

入院時 持ち物リスト(標準)

入院時に必要なものをざっと挙げると

*スマホ(携帯電話)・充電器

*財布

*衣類(下着含む)

*パジャマ(病院でレンタルする場合は必要なし)

*メガネ(コンタクトレンズ)

*薬類

*歯ブラシ・コップ(プラスチック製のものがよい)

*シャンプー・ボディーソープ(病院に備え付けはない)

*洗濯用洗剤(院内でも買えると思います。一回分の使い切りタイプが便利)

*髭剃り(電動が便利)

*タオル(数枚)

*ビニール袋(数枚)(汚れた下着やごみを入れる)

*小さめの袋(衣類や書類などを入れる)

*ボックスティッシュ

*ストロー付きペットボトル(ベッドで横になりながらでも給水できる)

*箸・スプーン(病院に備え付けはない)

*水筒(病院で毎日お茶がもらえるのでそれを溜めておく用)

*上履き(スリッパ)

*イヤホン(テレビ用 コードはある程度長いほうが便利)

*筆記用具

*入院のしおりなどの病院から渡される書類等。

入院時 持ち物リスト(あったら絶対便利)

標準的な持ち物以外に以下は絶対あったほうがいいものです

*i-pad(ノートPC・ポータブルDVDプレーヤー又はゲーム機等)

入院時は時間があり余るほどあります。お笑いを見たり、映画をみたり、ゲームをしたり時間をつぶすアイテムがあったほうが絶対にいいです。

僕はこの時、Amazonプライムビデオさんにお世話になりました。

延長コード・たこ足タップ

意外と忘れがちですが、病院のコンセントは1つか2つしか使えませんので、これは必ず必要になります。

*ポケットWifi

病院のフリーwifiでうまく接続できないなどのトラブルがあった時に重宝します。

*S字フック

これ、意外なんですが、あったら結構便利です。

ベッドにビニール袋ひっかけたりといろいろ使えます

※なお、衣類ハンガーなどは病院に乾燥機がある場合は洗濯物を乾かす必要がないので必要ないと思います。

最後に

いかがだったでしょうか

これらはすべて入院時にもっていくと大荷物になるので、

事前に病院あて宅配便で送っておくことをお勧めします。

この他にも人によっては以下のようなものがあったら便利かもしれません

*手鏡

*爪切り

*本・漫画

*小型の置時計

*爪楊枝

僕の場合は、最終的にこれ以外に抱き枕と、ミニギターまで持ち込んでいました(笑)※ミニギターは大きな音は出さず、個室に入れてもらった後に持ち込みました。

参考にしていただければと思います。